チロルの山

インスブルック郊外の山、パッチャーコーフェルに登る。

山の麓にあるアンブラス城

イグルスの部落からロープウェイでパッチャーコーフェルバーンに登る。 ボーシェベンに向って歩き始める。

縦走路はなだらかで、草が色づいて美しい。

縦走路には松の一種のツイルベが多く自生し、ツイルベンベーク(ツイルベの小道) と呼ばれる。

ボーシェベンの小屋に着き、一服する。

ボーシェベンから見るチロルの美しい山並み。

雨でモヤのかかったインスブルックの町並み

雨が上がると下に広がるインスブルックの町はさらに美しい。 町の向うはノルトケッテ連峰で、その奥はドイツとなる。