資格

技術士(情報処理)

博士(情報学)


著書

学生のための初めて学ぶIT(情報技術),日刊工業新聞社(共著)


表彰

工学教育協会賞(中国・四国工学教育協会)
発明奨励賞(発明協会)


主な発表論文

Satoru Fujii,Nao Yasuda and Kouji Yoshida: Development of a Communication System with Pictograph Translation for Parent and Child,Information Journal of Informatic Society, Vol.3,No.2, pp.65-70 (2012)

Satoru Fujii, Maki Ushiroda, Emiko Nanba and Kouji Yoshida: Development and Evaluation of a Historical Tour Support System using 3D Graphics and Mobile Terminal, Participants Proceedings of Iternational Workshop on Informatics 2011, pp.191-198, Venezia(2011).

Satoru Fujii, Rie Onishi and Kouji Yoshida: Development of e-Learning system using handwriting on screen, KES2011, Part , LNAI6883, pp144-152, Keiserslautern(2011).

Satoru Fujii, Nao Yasuda and Kouji Yoshida: Development of a Communications System with Pictograph Translation for Parent and Child, Participants Proceedings of International Workshop on Informatics 2010, pp.60-65, Edinburgh(2010).

Satoru Fujii, Takahiro Shima, Megumi Takahashi and Kouji Yoshida: Development and Evaluation of a Historical Tour Support System using 3D graphics and Mobile terminal, KES2010, Part , LNAI6278, pp519-526, Cardiff(2010).

S.Fujii:Development and Evaluation of Ubiquitous Learning Support Systems Using Three-dimensional Graphics, eFest2008-Connected Learning, Presentation, Auckland (2008).

S.Fujii, Y.Takahashi, H.Kageyama, H.Aoyama and T.Mizuno:Development and Evaluation of a Ubiquitous Historical Tour Support System, 11th Intenational Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, LNAI4694, pp.453-459, Vietri sul Male (2007).

藤井諭,青山博一,石本真一,中田圭亮:携帯画面を教員・学生間で共有する授業演習支援システムの開発,情報処理学会GNワークショップ2007論文集,pp.37-42(2007).

S.Fujii, H.Aoyama, M.Sota, J.Iwata and T.Mizuno: A system for Learning Ecology with 3D graphics and Local Ma-terials Database, IV INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA AND INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES IN EDUCATION(m-ICTE2006), Current Developments in Technology-Assisted Education(2006), Vol.2, pp.1156-1160, Seville(2006).

藤井諭,高橋勇佑,青山博一,酒井三四郎,水野忠則:3Dとマルチリンガルの表現を持つユビキュタスな史跡学習システムの開発,情報処理学会GNワークショップ2005,pp.87-92(2005).

S.Fujii, Y.Takahashi, H.Fukuoka, T.Ichikawa, S.Sakai and T.Mizuno:Development of Ubiquitous Historical Tour Support System, 9th Intenational Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, LNAI3681, pp.412-417, Melbourne (2005).

藤井諭,岩田淳,岡本信之,吉田幸二,酒井三四郎,水野忠則:学習支援システムの組込みによる3D仮想校舎の開発と実践, 教育システム情報学会誌,Vol.22,No.2,pp.100-108 (2005).

S.Fujii, J.Iwata, Y.Miura, K.Yoshida, S.Sakai and T.Mizuno:Development of a System for Learning Ecology Using 3D Graphics and XML, 8th Intenational Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, LNAI3214, pp.912-919, Wellington (2004).

藤井諭,ラトナーヤカ・チャーナカ,岩田淳,吉田幸二,水野忠則:3Dグラフィックスを用いたバイリンガルな歴史学習システムの開発, 情報処理学会研究報告,Vol.2004,No.89,pp.29-34(2004).

藤井諭,ラトナーヤカ・チャーナカ,岩田淳,吉田幸二,水野忠則:バイリンガルな3D歴史学習システムの開発,情報処理学会DICOMO2004シンポジウム論文集,pp.153-156(2004).

藤井諭,渡部徹,酒井三四郎,水野忠則:XMLによる地元素材データベースを持つ環境学習システム,教育システム情報学会誌,Vol.21,No.2,pp.93-100 (2004).

藤井諭, 中村直人,足立隆人:Javaサーブレットを用いたコミュニケーションシステムの開発,情報処理学会第66回全国大会,6B-2,pp.4-121〜122 (2004).

藤井諭,渡部徹,酒井三四郎,水野忠則:3DグラフィックスとXMLを用いた環境学習システムの開発,電子情報通信学会信学技法,Vol.103,No.536,ET2003-60〜62,pp.29-34 (2003).

S.Fujii, J.Iwata, K.Yoshida and T.Mizuno:Development of a Remote Communication System for Computer Novices and Their Instructors, V.Palade, R.J.Howlett, and L.C.Jain:KES2003, LNAI2774, pp.764-770, Oxford (2003).

藤井諭,渡部徹,吉田幸二,酒井三四郎,水野忠則:環境学習システムの開発と3D仮想校舎への組込み,教育システム情報学会中国支部,第3回研究発表会講演論文集,pp.34-39(2003).

藤井諭,岩田淳,吉田幸二,水野忠則:3D仮想校舎システムへのアバター導入の試み,情報処理学会DICOMO2003シンポジウム論文集,pp.445-448(2003).

藤井諭,渡部徹,酒井三四郎,水野忠則:XMLによる地元素材データベースを持つ環境学習システム,情報処理学会情処研報,2003-GN-48,pp.25-30(2003).

S.Fujii, J.Iwata, K.Yoshida, T.Mizuno:A System for Learning Ecology within the Virtual School, The International Forum on Information and Computer Technology, IFICT2003, pp.238-243 (2003)

S.Fujii, J.Iwata, N.Okamoto, T.Mizuno:Development of a 3D Virtual School with Learning Support Systems, International Journal of Computer & Information Science, Vol.3, No.2, pp.105-114 (2002)

S.Fujii, J.Iwata, K.Yoshida and T.Mizuno:Development and Application of a Group Learning Function in the Virtual School System, Sixth International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems(KES2002), IOS Press, pp.1043-1047, Milan (2002).

藤井諭,岩田淳,吉田幸二,水野忠則:仮想校舎システムにおけるグループ学習機能の開発と応用,情報処理学会DICOMO2002シンポジウム論文集,pp.177-180(2002).

藤井諭,水野忠則:チャットとホワイトボードを併用したグループ学習支援システムの開発,電子情報通信学会信学技法,Vol.101,No.397,ET2001-53,pp.57-63 (2001).

S.Fujii, N.Okamoto, J.Iwata and T.Mizuno:Development of a 3D Virtual School with Learning Support Systems,Proceeding of the ACIS 2nd International Conference on SNPD'01,pp.152-159 (2001).

藤井諭,岩田淳,岡本信之,水野忠則:学習支援システムを組み込んだ3D仮想校舎の開発,電子情報通信学会信学技法,ET2000-136,pp.171-178(2001).

藤井諭,岡本信之,岩田淳,水野忠則:VRMLと学習支援システムを組合わせた仮想学校の構築,情報処理学会情処研報,MBL14-3,pp.17-24(2000).

S.Fujii, J.Iwata, M.Hattori, M.Iijima and T.Mizuno:"Web-CALL":A language learning support system using Internet,IEEE Computer Society ICPADS2000, NGITA Workshop, pp.326-331(2000).

藤井諭,岩田淳,服部真弓:英語学習支援システムWEB-CALLの開発と授業による運用評価,情報処理学会DICOMO'99シンポジウム論文集,pp.559-564(1999).

藤井諭,岩田淳,服部真弓:WWWを用いた英語学習支援システムの開発と授業による評価,電子情報通信学会信学技法,ET98-104,pp.89-96(1998).

藤井諭,飯島睦美,岩田淳,服部真弓:WWWを用いた英語学習支援システムの開発,情報処理学会研究会報告,98-GW-28,pp.83-88(1998).

藤井諭,飯島睦美,岩田淳,服部真弓:WWWを用いた教材作成・学習支援システムの開発と評価,情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモーバイルシンポジウム論文集, pp.81-88(1998).

藤井諭,岩田淳,服部真弓:WWWを用いた英語学習支援システムの開発と授業による評価,電子情報通信学会信学技法,ET98-104, pp.89-96(1998).

藤井諭:WWWを活用したソフトウェア開発支援方法,情報処理学会 「マルチメディア、分散、協調とモーバイル」ワークショップ論文集,pp263-268(1997).

藤井 諭:インターネットを活用したソフトウェア開発支援方法,情報処理学会研究会報告,97-GW-21,21-23(1997).

藤井 諭,千葉 雅弘,高柳 雄一,中村 智法:ソフトウェア開発支援システムSDSSにおけるCASE統合化,情報処理学会論文誌 Vol.36 No.1 (1995).

「システム分析結果を活用した論理網羅テストの方法」 情報処理学会第50回全国大会 7K-5(1995)

「CASE統合化技術を用いたソフトウェア開発・管理方法」 電子情報通信学会 信学技報,SS93-20,pp.1-8(1993)

「事例プログラム開発におけるオブジェクト指向と手続き指向との比較」 情報処理学会 46回全国大会2J-4(1993)

藤井 諭,中村 智法,旭岡 裕子,大西 伸幸:CASE統合化技術を用いたソフトウェア開発・管理方法,電子情報通信学会信学技報,SS93-20,pp.1-8(1993).

「ソフトウェア開発支援システムSDSSへの設計支援導入の検討」 電子情報通信学会 春期大会3D-3-2(1992)

藤井 諭,加賀 友美,山口 正博,上田 謙一,平林 健二,清岡 弘:ソフトウェア開発支援システムSDSS,情報処理学会,CASE環境シンポジウム論文集,pp.65-72(1989).

「ソフトウェア開発支援システムSDSS」 情報処理学会「CASE環境」シンポジウム(1989)

「モジュールテストの生産性・信頼性向上のためのテスト支援機能」 日科技連 第9回ソフトウェア生産における品質管理シンポジウム A-2(1989)

「ドキュメントの有効利用に着目したソフトウェア開発支援システム」 情報処理学会 34回全国大会 1S-2(1987)

「不特定話者を対象とした音声認識のための特徴パラメータと距離尺度に関する考察」 電子通信学会論文誌(A)Vol.J69-A,No.5(1986)

「LARGE VOCABULUARY SPEAKER-INDEPENDENT JAPANESE RECOGNITION SYSTEM」 IEEE ICASP'85 Vol.3,pp866-869(1985)

「単音節を用いた母音・鼻音の予備学習による音声認識方法」 音響学会 春期全国大会1-4-5(1985)

「不特定話者・多数語彙用音声認識システム」電気学会 情報処理研究会 IP-85-3(1985)

「不特定話者を対象とする音声認識における標準パターンの自動選択」 音響学会 秋期全国大会1-9-16(1984)

「不特定話者多数語を対象とした音声認識方法」 音響学会 音声研究会 S84-1(1984)

「線形判別関数を用いた母音認識の評価」 音響学会 春期全国大会1-2-21(1983)

「8ビットマイコンを応用した番組予約テレビ」 テレビジョン学会 全国大会 13(1982)

「マイクロコンピュータ制御による番組予約テレビ」 NATIONNAL TECHNICAL REPORT Vol.25,No.3(1979)

「ポリイミドを用いた電荷像蓄積ターゲット」 テレビジョン学会 電子装置研究会 資料第190号(1974)

「有機フィルムターゲットを用いた二電子銃型走査変換管のターゲット構成と動作」 電気学会 電子装置研究会 EDD-74-55(1974)

「熱消去型「カソクロ管」ディスプレイ」 電子通信学会 電子装置研究会 ED73-19(1972)


主な出願特許

    平02-235144「ソフトウェア開発支援装置」

    平02-083772「文書生成装置」

    平01-041931「プログラム開発支援装置」

    昭63-129433「テスト工程支援システム」

    平03-044317「音声認識方法」

    平02-022960「音声の始端、終端検出装置」

    平03-033280「音声認識装置」

    平01-020440「音声セグメンテーション法」

    昭63-033678「音素判別方法」(発明協会より発明奨励賞受賞)

    昭63-013198「音素認識方法」

    昭63-036680「音声自動認識装置」

    昭62-002503「色信号処理方式」

    昭58-026611「二電子銃型信号蓄積管の消去方法」

    昭49-004572「電子ビーム観測用ブラウン管」

    他、合計64件