メルボルンとタスマニア島の旅

2005年9月 メルボルン経由の2日掛りでタスマニア島に入った。
目指すはクレイドル山/セントクレア湖国立公園、宿泊は約1年前に予約したクレイドルマウンテン・ロッジ。 コテージの部屋はゆったりしていたが、暖房は暖炉の薪のみで朝晩は寒かった。 近くで野生のウォンバットやワラビーに出会った。
整備された遊歩道を歩きクレイドル・マウンテンを目指した。 ドーブ湖から上部に登ったが悪天候で登頂を断念した。
メルボルンは美しい街で3泊の間にいくつかの名所を巡ることができた。 特にメルボルン博物館のコンピュータの歴史に関する展示は興味深かった。

2日かけてタスマニアのデボンポート空港に到着

クレイドル山/セントクレア湖国立公園の入口

クレイドルマウンテン・ロッジに宿泊

野生のワラビー

野生のウォンバット

クレイドル山への遊歩道

洋服ボタンのようなボタングラス

パイナップルのようなパインツリー

ドーブ湖より雲のかかるクレイドル山

左にドーブ湖、右にリラ湖

クレイドル山登山は天候に恵まれずここまで

クレイター湖は深そう

帰路に雪が舞った

滞在したクレイドルマウンテン・ロッジ

この部屋に泊まった。暖房は暖炉に薪だった

メルボルンに到着

メルボルンの中心街はビクトリア様式

国際会議場にはこの公園を通って行った

セントパトリック大聖堂は高さ106m

オージービーフのステーキ

ロブスター料理

タンデノン丘陵をSLで遊覧

南半球の森林が続く

メルボルン博物館を見学

テーマのひとつ「人間の心と体」

「技術」のコーナー。初期のコンピュータはトランジスタ式

初期のIBMパソコンとアップルパソコン

初めて見た真空管式コンピュータ

オーストラリアの動物の剥製

コアラ、ワラビー、タスマニアンデビル、...